WordPress

エックスサーバーでWordPressのSSL化を行う方法

投稿日:

エックスサーバーでWordPressのSSL化を行う方法

今回は以下環境でのSSL化を行う方法をご紹介します。

SSL化:サイトURLを「http」から「https」 へ変更する作業
(作成したブログ・Webページのセキュリティを強化します。)

今回の環境

  • エックスサーバー
  • WordPress

本記事ではWordPressサイトのSSL化を行う方法を画像付きで解説しています。

本記事の内容

〜エックスサーバーでWordPressをSSL化する手順〜

  1. エックスサーバー側でSSL化
  2. WordPressでSSL化
  3. 常時SSL化

本記事の信頼性

本サイトDrablog の管理人は、過去SSL化を用いてサイト設立を行ってきました。

エックスサーバーでWordPressをSSL化する手順

エックスサーバーでWordPressをSSL化するために、こちらの3つを行いましょう。

  1. エックスサーバー側でSSL化
  2. WordPressでSSL化
  3. 常時SSL化

 

ドラゴン
では、画像を用いてご紹介していきます!

エックスサーバー側でSSL化

では最初にエックスサーバー側でSSL化を行なって行きましょう!

  1. エックスサーバーへアクセス
  2. ドメイン>SSL設定
  3. SSL化する

エックスサーバーへアクセス

まずは「エックスサーバー」へアクセスしてログインしてみましょう。

エックスサーバー

 

ドメイン>SSL設定

ログイン後、サーバーパネル画面より【ドメイン】下の【SSL設定】をクリックします。

 

SSL化する

SSL化したいドメインを選択しましょう

以下画面より【SSL設定の追加】をクリックし、SSL化したいドメインを選択します。

次に、【確認画面へ進む】より【独自SSL設定を追加する(確定)】をクリックします。

ドラゴン
SSL化には1時間程度待っていただく必要があります!

反映待ち】が終了次第、次のステップへ!

 

WordPressでSSL化

エックスサーバーでのSSL化ができたら、次はWordPressでSSL化を行います。

・WordPressにログインしてSSL化する。

WordPressにログインしてSSL化する。

WordPressにログインします。

 

次に、画面左の【設定】より【一般】を選択します。

 

右側にある「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」の項目それぞれ「http」の後に「s」を追加します。

  • WordPressアドレス(URL)「http://」→「https://
  • サイトアドレス(URL)「http://」→「https://

https://」に変更後、画面下にある【変更を保存】をクリックして完了です。

 

常時SSL化

常時SSL化を行なって「http」でアクセスした際に「https」に自動で転送させましょう。

注意

この作業を行わないと、「http」でもサイトにアクセス出来ちゃいます。

こちらは、以下の2ステップで解決出来ます。

  1. エックスサーバーへアクセス
  2. .htaccessをクリックする
  3. .htaccessを編集する

では、画像付きで紹介していきます。

エックスサーバーへアクセス

エックスサーバーへアクセスし、サーバーパネル画面を開きます。

 

.htaccessをクリックする

サーバーパネル画面より、.htaccess編集をクリックします。

 

こちらの画面より、常時SSL化を行うドメインをクリックします。

.htaccessを編集する

こちらの画面より、「.htaccess編集」をクリックします。

 

以下に注目してください。

 

上のボックスに、こちらのコードをコピーして貼り付けます。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

こちら貼り付けを行う前に、必ず原案のバックアップを取りましょう。

ドラゴン
入力した情報が間違えると、SSL化が出来ません。
原案をメモなどにコピーしてバックアップを取ることで、間違えても元に戻すことが可能ですね。

 

以下のように貼り付けが出来ましたら、【確認画面へ進む】をクリックします。

 

続いて【実行する】を押してください。

ここまで出来ましたら、「http://あなたのブログのドメイン」で検索を行なってみてください。

 

・出てきたページのURLが「https」表記になっている。

・もしくは南京錠のマークが付いている

 

これらが行えていれば、常時SSL化の完了となります。

ドラゴン
SSL化の設定は以上で終了です。お疲れ様でした!

 

エックスサーバーでWordPressのSSL化を行う方法:まとめ

WebページSSL化はGoogleが重視しており、また重要なSEO対策の一貫になります。行なって頂くことを推奨しております。

当サイトの他の記事は以下からご覧いただけます。

トップページ

-WordPress

Copyright© Drablog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.