一人旅 海外バックパッカー 雑記

国際線のチェックインは何時間前にすれば良いのか?【教えます】

投稿日:

国際線のチェックインは何時間前にすれば良いのか?
空港ではどういった手順で手続きを行えば良いのか?

国際線のチェックインは何時間前にすれば良いのか?
そのためにどれぐらい前に空港に着いておいた方がよいのか?
そういった疑問を持たれている方に向けて、
出発の何時間前に空港に着き、出発の何時間前にチェックインすべきかをお答えします

この記事は以下の方に読んでもらいたいです。

  • 国際線に乗るために、どれぐらい前に空港に行けばよいのかわからない方
  • 空港でどういった流れで手続きをして行けば良いかわかない方
  • はじめて国際線を利用される方

国際線のチェックインは何時間前にすれば良いのか?【2時間前】

国際線のチェックインは出発時刻の2時間前に行いましょう。

国際線の場合、空港には3時間前に到着を目標にしてください。

早く着いた場合、暇では?

空港では旅行者の待ち時間を考慮してお店などが並んでいるケースが多く、割と楽しめたりします。(詳しくは後述します。)

時間ぎりぎりに行くよりは、余裕を持って到着し、空港を探検してみられると良いかもしれません。

空港内によくあるお店など

・飲食店

・その国のお土産を販売しているお店

・旅グッズ専門店

・マッサージ店

・ラウンジ

など。

 

ちなみに、チェックイン締め切り時間は?

国内の空港だと早いところは出発のおよそ1時間前ぐらいかもしれません。

また、国内の空港での国際線のチェックイン開始は出発の2時間ぐらい前から始まるケースが多いです。

*航空会社・空港によって異なりますので、事前に調べておくことをお奨めいたします。)

もし、締め切り時間に間に合わないとどうなるのか?

締め切りの時間に間に合わないと予約を取り消されます。

飛行機の出発後だと、支払った航空券代は戻ってきません。

*出発時間前だと、予約変更可能・不可能どちらでも、もしかしたら何かしらの方法でチケット代を捨てなくても良い方法があるかもしれません。航空会社に連絡してみましょう。

・予約変更可能なチケットだと、出発時間前に変更することで他の便に変更することができます。

・予約変更不可能なチケットだと、出発前だと払い戻し手数料を払えばお金が戻ってくるかもしれません。

 

国際線を利用する場合、空港内でどういう手順で手続きをしていくのか?

国際線を利用する場合は以下の手順で手続きを行っていきましょう。

手順1.  チェックイン(搭乗手続きを行う)

搭乗する飛行機の航空会社のチェックインカウンターに行き、チェックインを行いましょう。

チェックイン時はパスポートと航空券を見せます。

 

パスポートの取り方を知りたい方はこちらから

パスポート取得方法
パスポート申請時に必要なものリスト

パスポート申請時に必要なものリスト この記事は以下の方に読んでもらいたい ・パスポートが必要になったけど、何をどんな順番で準備すれば良いのかわからない。 ・パスポート申請に何日ぐらい必要になるか知りた ...

続きを見る

航空券の取り方はこちらから

航空券取り方
航空券予約を格安で行いたいならエアトリがおすすめです。【手軽に旅行】

海外旅行の航空券予約を格安で行いたいならエアトリ(AirTrip)がおすすめです。 この記事の内容 ・エアトリについて紹介しています。 ・実際にエアトリで航空券を探して予約するまでの手順をご紹介します ...

続きを見る

 

手順2.  手荷物を預ける

チェックインカウンターにて受付の方に「荷物を預けますか?」と聞かれます。
飛行機内に持ち込まない手荷物を預けてください。

預けることができない荷物もありますので、各航空会社に確認してください。

手順3.  保安検査

保安検査では、

  • X線検査装置で手荷物の検査
  • 金属探知機で体の検査

を行います。

身につけていたらはずすもの

・電子機器類(スマホ、携帯、時計、カメラなど)

・財布

・金属類(アクセサリー類、ベルト、鍵)

チャックがついている服を着ている場合、脱がなくてはいけなくなるかもしれません。

カバンから出すもの

・電子機器全般(パソコン、タブレット、モバイルバッテリー)

・スプレー類(虫除けスプレー、ヘアスプレー)

・ライター(2つ以上の所持は破棄)

・ヘアアイロン、コテ類

ペットボトル飲料水などは破棄されるので、あらかじめ飲みきっておいた方がいいかもしれません。

 

飛行機内に持ち込めないもの

・刃物類(ハサミ・カッターなど)

・先の尖ったもの(キリ、ゴルフクラブ、野球バットなど)

手順4.  出国検査

出国検査を行います。

検査員の方にパスポートと航空券を見せます。

手順5.  搭乗ゲートに向かう

出国検査が終わり、自分の荷物を持ったら、次は搭乗ゲートに向かいます。

国際線の場合、出発時間の30分ぐらい前から搭乗手続きを開始します。その時間を目安に搭乗ゲートに向かいましょう。

ただし、出発時間は天気の影響などにより多少変更することがあります。(時には大幅に遅れることも)

稀に出発時間が早まることがあります。
出発時間を空港内アナウンスと電光掲示板で確認しながら、搭乗手続きまでの間の時間を潰しましょう。

 

このタイミングで購入した飲み物は、飛行機内に持ち込むことができますので、購入をおすすめします

手順6.  搭乗ゲートを通過する。

搭乗ゲートを通過する際は再びパスポートと航空券を見せる必要がありますので準備しておきましょう

搭乗ゲートを通過した後は、案内のもと、飛行機に乗りましょう。

まとめ。

空港での手順は慣れていないとどうすれば良いのかわからないものです。

出発の何時間前に空港に着けばいいのか?また、何時間前にチェックインを済ましたらいいのか?

繰り返しになりますが、出発の3時間前に空港に着き、2時間前にチェックインを済ましましょう。

また、飛行機の時間は変更されることもありますので、電光掲示板と空港内アナウンスはチェックしておいた方がいいで

飛行機に乗れないことがないよう時間に余裕を持ちつつ、空港内を楽しみましょう。

以上。

 

-一人旅, 海外バックパッカー, 雑記

Copyright© Drablog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.