海外バックパッカー

タイの一人旅おすすめホテルを紹介【1泊3000円以下】

投稿日:

こんにちは、ドラゴンです。

今回は、私がタイに一人旅で行った際に宿泊していたおすすめのホテルを紹介します。

今回ご紹介する地域は、バンコクとプーケットのものが対象となります。

 

私がホテルを選んだ基準といたしましては、

・値段が安い(1泊3000円ぐらいまで)。

・部屋に鍵がある。

・貴重品ボックスがある。

 

ぐらいです。

 

なお、ホテルと言いながら、ゲストハウスとホステルも一緒に紹介しちゃいます。

 

タイは、日本と比較するとホテルの宿泊料金が非常に安いです。

 

以下、私が調べている時に感じたタイの宿泊施設の特徴です。

 

 

1泊2000円~3000円で宿泊できる宿泊施設の特徴

 

・ホテルの屋外にプールがついている。

・ベッドはクイーンベッドやツインベッドやタイプだったりする。

・部屋が日本のビジネスホテルなんかと比較するとかなり大きい。

 

 

 

 

1泊1000円以下で宿泊できる宿泊施設の特徴

 

・ドミトリールームで共同で寝ることが多い。

・鍵付きの貴重品ボックスがついているところが多いけども、中にはないところも。

・トイレやシャワールームが共同。

・お湯が出ないところもある。

・トイレットペーパーが置いてないところもある。

 

私が実際に宿泊したホテルの紹介

私が実際に宿泊したホテルの紹介をします。

 

Book a Bed Phostel

Book a Bed Phostelについては以下をご覧ください。

Book a Bed Poshtelというコスパ最強のホステル【プーケット】

 

他。おすすめ出来ないホテル

・NAT2ゲストハウス

治安が悪いように感じたので、おすすめできません。

http://www.booking.com/Share-tMo9m5

 

 

タイ・ホテルの全体的な特徴

タイのホテルの特徴をご紹介します。

 

タイでは1部屋に何人泊まっても料金は同じ。

海外ではよくあるシステムらしいのですが、宿泊料金は一人あたりにかかるのではなくて、1部屋で料金が決まっていることが多いです。

なので、私が3000円で宿泊していたホテルも、2人で宿泊すれば一人1500円となるわけですね。

 

タイでは、値段に応じて宿泊施設の設備が上がっているのが顕著に現れてました。

今回私が宿泊したホテルの金額は最大で3000円代なので、それより高い金額のホテルは調べていませんが、実際泊まって感じたのは1000円違うだけでこうも変わる!?というものでした。

ホテルの金額を変えるだけで、違う生活水準での暮らしを体験できるので、タイで生活する人々の色々な暮らしを勉強してみたい方はいろんな金額のホテルに泊まってみるのも一つの手ではないでしょうか。

 

以上。

-海外バックパッカー

Copyright© Drablog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.