国内ヒッチハイク

ヒッチハイクひとり旅!九州編【保存版】

更新日:

どうも。ドラゴン@cskadoragonです。

今回は自分が2018年の8月のお盆連休を使って行ってきたヒッチハイク一人旅の九州編ついてご紹介します。

九州は、暖かい人が多くて最高でした!😌

この記事は

  • ヒッチハイクに興味がある
  • 実際にヒッチハイクでどんな旅をしているのか知りたい
  • 九州の一人旅ってどんなのか知りたい

という人に対して、自分の体験談をご紹介します。

 

ヒッチハイク九州の旅

5日間の休みで九州までヒッチハイクで行ってきました。

ヒッチハイク開始時は、まず九州まで行けるかも不安だったためこの度の目標を以下のように設定しました。

  • 最低目標:5日間の間で九州の地に上陸して帰宅。
  • 最高目標:5日間の間で九州各県回りきって帰宅。

あとは、ほとんどの県がこれまで行ったことなかったため適当に訪れたところで楽しむことを決めていました。

 

1日目:人生初の九州に上陸するまで 約800km移動

盆休みだったため前日まで北陸で墓参りをしていました。

2018年8月15日の朝6時に福井県の実家近くの国道の路肩からヒッチハイクを開始しました。

カバンは20リットルのバックパックとスケッチブックを入れるための紙袋のみ持ってました。

所持していた荷物

  • 20リットルバックパック
  • 2日分程度の軽い着替え
  • 汗拭きタオル
  • 虫除けスプレー
  • 日焼け止めクリーム
  • 帽子(キャップ)
  • 500mlペットボトル水
  • 紙袋
  • 黒マジック
  • スケッチブック
  • お土産 適当なお菓子
  • スマホ
  • スマホ充電器
  • ビデオカメラ
  • ビデオカメラ充電器
  • ビデオカメラ データ通信用ケーブル
  • 現金3万円程度

 

1組目:ご年配夫婦

 スケッチブックには隣町方面と記入し、掲げていました。
 ヒッチハイクを始めたものの、田舎道でかつ朝の早い時間帯だったためか全然乗せてもらえるチャンスがありませんでした。
 ヒッチハイクを始めて90〜120分程度でようやく隣町の病院まで向かうご年配のご夫婦に乗せていただけることになりました。
 隣町入ったところにある車の通りが比較的多いコンビニ手前で降ろしていただきました。

2組目:OLの主婦様

 コンビニに着いてから、次は高速のICまで乗せてっていただける方を探しました。
 スケッチブックには高速IC方面と記入し、掲げていました。
 ヒッチハイクを始めて10分程度でこの日出勤であったOLの主婦様に乗せていただきました。

3組目:大阪まで向かう男性

 隣町の高速ICでヒッチハイクを開始して5分程度
 大阪まで向かう男性に途中のSAまで乗せてっていただけることになりました。
 スケッチブックには関西方面と記入していました。
 そのまま、兵庫県の赤松PAまで連れて行っていただきました。

4組目:中国地方に向かう家族連れの皆様

 赤松PAで一度歩いて下道に下り、逆方向の赤松PAに入りました。
 スケッチブックに中国地方と掲げてPAの駐車上で待っていました。
 待ち時間30分以内で島根県まで向かう家族連れの皆様に途中まで送っていただけることになりました。
 岡山県の勝央PAで降ろしていただきました。

5組目:キャンピングカーの御家族様

 岡山県の勝央PAではスケッチブックに九州方面と掲げていました。
 30分程度でキャンピングカーで九州の宮崎県から関西方面に旅行に行っていた御家族に乗せていただけることになりました。
 自分はこの時が人生初のキャンピングカー乗車でした😂
 御家族様が山口県の秋吉台に観光で行かれるとのことで、自分も御一緒させていただきました。
 その後、人生初の九州をこちらの御家族様と上陸させていただきました。
 北九州を抜けて博多駅近くで降ろしていただきました。
博多到着が8月15日の午後19時ごろだったように思います。
到着後、適当なネットカフェで寝ました。
なので、福井県から博多までこの日13時間程度移動をしていました。
移動距離は約800kmでした。
使用金額は2000円程度だったように思います。
以上。

 

-国内ヒッチハイク

Copyright© Drablog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.