ルームシェア生活

体験して分かるシェアハウスのメリットとデメリット

更新日:

どうも。ドラゴン@cskadoragonです。
男友達3人でシェアハウス生活を初めてから1ヶ月以上経過しました。
現時点でのメリットデメリットを紹介します。
この記事では
・シェアハウスに興味がある
・まだ、結婚していなくて一人で生活をしている
・人と接することが好き
これらの人に対して、実際にシェアハウス生活を1ヶ月行なってみた私がシェアハウスのメリット・デメリットをご紹介しようと思います。

シェアハウス生活のメリット

自分が感じたシェアハウスのメリットは以下です。

いろいろ安く済む

 

家賃が安く抑えられる

家賃を3人で割っているので安いです。一人暮らしの時よりも遥かに安い家賃で一人暮らし時代より広い家に住んでいます。

光熱費も安く抑えられる

シェアハウスでは3千円以内で抑えられそうです。

一人暮らし時代は電気・ガス・水道で月1万円ぐらいでした。

 

食費が安く抑えられる

1日の食費は650~1000円程度になりました。

シェアハウス生活を始めてから1ヶ月の中で3日間以外すべて自宅で夜ご飯を食べれています。

食費は一人暮らし時代は1日850〜1500円程度でした。

自炊をほぼせずに外食で済ませることがほとんどでした。

 

家具にかかる費用が抑えられる

私の場合は大きなソファーを3人で購入しました。

もちろん、お金は3人で割っています。

 

家事が分けられる

掃除・洗濯・ゴミ捨てなど3人で分担して行うことで家事を減らすことができています。

 

さみしくない

一人でいる時間が大幅に減った分、寂しくなくなりました。

みんなで食事を取るのはとても楽しいです。

同居人の良いところを知れて刺激になる

お互いに刺激し合いクリエイティブな生活スタイルを目指せます。

シェアハウス生活のデメリット

 

一人きりになって落ち着ける時間が少ない

私の場合、この1ヶ月間はお風呂・トイレ・寝るとき以外で家の中で一人きりになる時間がほとんどありませんでした。

なので、そういうのがストレスに感じる場合はデメリットに感じるのではないでしょうか。

 

部屋を散らかせない

自分だけであれば好き勝手に部屋を散らかせますが、シェアハウス生活の場合部屋をある程度綺麗なままで保って置こうという意識が働きます。

私もシェアハウス生活を開始してから部屋を綺麗にするようになりました。

 

所有物の管理が面倒

共有スペースに個人の所有物が沢山置いてあるため、自分の所有物も同居人の所有物もどれがどれかわからなくなりました。

 

汚れが溜まりやすい

床や排水口にゴミが溜まるペースがずいぶん早いです。

 

洗濯物が溜まりやすい

洗濯物が溜まりやすいので、こまめに洗濯機を回して洗濯物を干す必要があるかもしれません。

 

住人の体調が悪くなると感染しやすい

自分はインフルエンザにかかりました。

同居しているお二人は自分がインフルエンザの菌を持っている間はシェアハウスから出られました。

二人は、別宅を持っているのでインフルエンザの菌から回避することができますが、別宅を持っていないと菌と戦わなくてはいけません。

 

以上が自分がシェアハウス生活をしてみた中で感じたメリットとデメリットになります。

おそらく、この記事を見てくださった読者様はシェアハウスでの生活に興味を持っているのではないでしょうか?

興味を持っていらっしゃって、行動に移そうか迷っていらっしゃるのであれば、行動移されてみてはいかがでしょうか。

自分は得られるものが多いと思いますよ。以上。

-ルームシェア生活

Copyright© Drablog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.