フリーランス

フリーランス1年目。確定申告に向けたレシート整理方法

更新日:

フリーランス1年目のドラゴンです。
あと約2ヶ月後に確定申告がありますね。
新年迎えて間もないですが、2ヶ月後の確定申告に向けて私は今から準備をしていってます。
この記事では
・サラリーマンからフリーランスに変わった1年目の確定申告ってどう迎えたらいいのか
・税金って実際どうやって抑えていくのか
・個人事業主はなぜレシート(領収書)を集めなければならないのか
といったことが興味ある人に対して、フリーランスとなってもうすぐ1年の私が学んだことを紹介します。
まず結論を言いますと、フリーランスになったからには
1年目であろうと、確定申告で支払う税金を抑えるために、レシートを整理して経費を削減した方が良いです。
フリーランスは、意図的に経費削減して節税することが可能です。
そのためには、仕事関係で使用したお金を必要経費として計上した方が良いです。
必要経費を証明するために、いただいたレシート・領収書は集めて整理しておいた方がよいです。
レシート・領収書の整理はジャンル毎に分けるのが好ましいです。
例えば、交通費、交際費、医療費など大雑把に分けて置くと確定申告時などにわかりやすいです。
ジャンル毎に袋に入れておくと良いでしょう。
また、その上で月ごとにまとめて置くのが好ましいです。
月ごとにクリップ留めしたレシートをそれぞれジャンル毎に袋で分けると良いでしょうか。
・交通費 [1月分 2月分 3月分 4月分・・・]
・交際費 [1月分 2月分 3月分 4月分・・・]
・医療費 [1月分 2月分 3月分 4月分・・・]
例えば、自分が実際に計算した交通費は以下のようになりました。
2月 5月 10月

交通費

34290円 25300円 34406円

 

整理したレシートをもとに帳簿作成を行う

レシート整理が終わったら、帳簿に記帳を行います。

帳簿作成するにあたっては例えば以下のような方法があります。

・ノートに記述する

・Excelデータを作成する

・会計アプリを使用する

私は、Googleのスプレッドシートを用いて帳簿作成を行っています。

 

 

 

帳簿は確定申告時に提出する白色申告、もしくは青色申告で使用します。

ちなみに、自分はフリーランス1年目の今回は白色申告で提出することになりました。

白色申告で3月に確定申告を行うために、今はレシート整理を行っていたということですね。

ちなみに、できる限り青色申告で確定申告を行なった方が良いみたいです「。

白色申告と青色申告のメリット・デメリットは以下のようになります。

メリット デメリット
青色申告 ・特別控除(最高65万円)

・赤字が繰り越せる(3年間)

・家族への給与が経費に可能

・事前申請必須

・帳簿づけが面倒

・確定申告の提出書類が少し多い

白色申告 ・事前申請不要

・帳簿づけが簡単

・確定申告の提出書類が少し少ない。

青色申告のメリットが全てなし

確定申告ではどうすればよいか

確定申告では、白色申告が問題なく通り、税金普段が少しでも減らせるようにこれから帳簿を見直した方がよいかもしれません。

まだまだ勉強不足ですので、一旦今回はこれで失礼いたします。

-フリーランス

Copyright© Drablog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.