ルームシェア生活 健康/節約/ルームシェア生活

【2018.12.1】今日からシェアハウスに住みます。

更新日:

どうもドラゴン@cskadoragonです。

2018年もあと1ヶ月になりましたね。

実は、自分今日から1年間限定で一旦、男三人でシェアハウスで生活することにしました。

10月の中頃にシェアハウスで生活してみようと話が出て、翌週には賃貸契約手前まで行ってました。

めちゃくちゃ契約までの期間が早かったです。物件探しに行った時の動画は以下から

 

シェアハウスって数年前から流行っていますよね。

でも、シェアハウスのイメージって既にオーナーが契約(もしくは購入)してるところに一時的に住まわせてもらうっていうパターンばかりで、自分らで契約するケースは珍しいのではないかと思いました。

シェアハウスといえば住居者それぞれに部屋があって、それ以外のスペースは共用というイメージです。

今回、世間のシェアハウスと自分らが住むシェアハウスを比較してみました。

通常のシェアハウスのイメージ

・敷金・礼金などは支払わなくてもよい。

・既に別の住人が住んでいる空間に新しく入居させていただく。

・家具などは基本的に既に置いてある。

・入居も退居も少量の荷物で住む。

・初対面の方とその日から共同生活が始まる。

自分らが住むシェアハウス

・入居する際の敷金、礼金は折半。

・まだ何ひとつ置いていない空間に住むことになる。

・家具がまだ何もないので買い足す必要がある。

・入居も退去も荷物が多くなりそう。

・気の合う三人での生活になるので、どんな生活になるのかなんとなくイメージが出来ている。

こうやってみると金額面と家具などの負担が大きいところが一般のシェアハウスと比較してデメリットかなと思いますが、理解し合っている3人での生活なので大きなトラブルは発生しなさそうなところがメリットですね。

自分がシェアハウスに期待していること

自分が現時点でシェアハウスに期待していることを述べます。

・生活費、光熱費の軽減

シェアハウスで共有するものに関しては折半が多くなるので費用軽減できるものが増えそうです。

・アウトプットできるネタが溢れてくる

ブログや動画などで発信できるネタが増えそうです。

・プレゼンテーション、ディスカッションできる環境

自分としては週1、一回30分ぐらいでこういった時間を設けたいと考えています。

・人間力向上

お互い良いところを盗めるような環境でありたいです。

・自炊の割合を増やす

自分の自炊のモチベーションが上がって、自炊少しでもやる習慣ができればと考えています。

 

今後のシェアハウスでの流れ

まずは、今日明日でなるべく必要な家具を搬送させたいです。

・エアコン

・洗濯機

・冷蔵庫

・寝具

あたりでしょうか。

ホワイトボード購入して、プレゼンテーションとディスカッションを行おうと考えています😎(笑)

以上。

 

 

-ルームシェア生活, 健康/節約/ルームシェア生活

Copyright© Drablog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.